グリコのおまけ

 先日、名の知れた豚カツ店でトンカツを買った時の事である。私はいつものようにヒレカツ二枚とクリームコロッケを購入した。料金は1,000円を超えていて、その時は別にと思っていたが、内心、高いなと思う気持ちもあった。しかし、購入している時は、キャベツをふんだんにおまけとして付けられることと、ポイントがもらえることに夢中になっていて、トンカツには関心が向かなかった。

 このお店でトンカツを買う時は、いつも、おまけの方に気がとられてしまう。そうして家に帰って、カツを皿に乗せてみると、何だか、カツが少しずつ小さくなっているような気がした。クリームコロッケも大したことはない。スーパーで購入したものの方が大きくて具だくさん、何と言っても安い。

 このカツで1,000円をゆうに超えるのか……。この店にはもう、20年以上習慣で買い続けているが、さすがにここまで小さくなって値段が高いままのを買うのは止めた方がいいのかも知れないと思うようになった。

 そこでフッと考えてみた。自分が何故、こうまでして長い期間、このカツに魅せられていたのかということを。

 それはやはり、あの大盤振る舞いにおまけのように装われたキャベツのせいだったのだと漸く気づいたのである。キャベツを目の前に出された時、そんなにたくさん付けてくれるのかと脳が喜んでいるのが分かる。その時の快感を味わいたくてつい足が向いてしまう。おまけと思っていたが、それが購入させるための匠な技だったのだろう。結局、あのキャベツの存在が店の経営を安定させていたのかも知れない。 

 おまけと言うと、もう一つ思い出すことがある。それは子供のころに良く購入したグリコのキャラメルである。あの両手を上げているスポーツ選手が描かれているヤツだ。

 そこには必ずキャラメルはこの上に小さな白い箱がついていて、中におもちゃが入っていた。子供心にそのオモチャが楽しみだった。オモチャの種類はが豊富で、同じオモチャになることは少なかった。

 キャラメルよりもオモチャ欲しさに購入しているといってもいいくらい、オモチャを取り出す時の興奮が忘れられなかった。

 最近の子供は、そういったおまけのオモチャに魅せられることはないのだろうか?おまけで惹かれてくる子供は少なくなってしまった。

 ものが溢れていて、何でも手に入ると、人はそういったことに興味がなくなってしまうのかも知れない。

 それでもグリコのおまけは私の中に強烈な印象として残っている。