久しぶりにブログ記事を書いてみようと思いました。

 最近、英会話の学習を始めて、ちょっとそちらの方に気持ちを集中させていたのでブログが書けなくてなどと、言い訳をさせていただいて……。

 英会話の学習をしていて気づいたことがあります。それは何故、日本人が長い間、英語学習に時間をかけていたのに、使えない英語になってしまっていたかということです。

 それは英語の「読む」「聞く」「話す」「書く」と言う行為を同時に進めていかないからではないかと思いました。

 特に「英語で話す」と「英語で書く」ということが大切ではないかと思うのです。

 単純な会話にしても簡単な英文作成にしても、話したり、書いたりすることは、日本的な言葉や文の構造を英語の構造に変える作業を無意識のうちに行うからです。

 勿論、読むことと聞くとことも大変重要でありますが、しかし、それは英語の言葉や文の構造を日本語の構造に変える作業であり、ある意味、自分の都合のいいように解釈してしまったり、想像で補ってしまうことがあるからです。

 だから、英語で話しながら英語の文章を書く。そして、英語を読みながら聞くという行為を同時進行で進めていくことが大事になるのではないかと思いました。

 特に、英語で話したり、英語の作文を書く時は、SVOCやSVOO・不定詞・be動詞・一般動詞等々、日本語にない構造をすごくすごく意識するということが大切だと思いました。

 そんなこともありまして、英作文を書く練習をしようと考えました。しかし、ただ、孤独に英作文を書くのはつまらないので、書いたものをブログに載せることにしました。

 手始めに簡単な文章として「小さな恋のメロディ」を自分なりに英訳してみます。